ホーム > 業務紹介 > 初めての方へ

Introduction

はじめまして、地域経済活性化支援機構です。略称は「REVIC」(レビック)といいます。
私たちは、文字通り、地域経済を活性化させるために誕生しました。
ここでは、簡潔にREVICが社会の中で担っている役割や業務について紹介していきます。

Why?

地域活性化のために

各地域にはいろんな事業者がいます。

地域の産業や経済を活性化させるためには、そうした事業者の成長の促進や新陳代謝を図る必要があります。

What?

主役は中小企業者等

日本経済を支えているのは中小企業者などです。 各社、いろいろな展望や悩みをもっています。

When?

ライフステージに応じて

事業者には人と同じようにライフステージというものがあります。
REVICは、どのようなライフステージの事業者に関しても、相談を受け付けています。

Who?

金融機関と二人三脚で

事業者を支えているのは地域の金融機関。
地域金融機関の地域活性化への取組みを支援し、地域金融機関と二人三脚で、
事業者ごとに最適なソリューションを提供することがREVICの役割です。

Resource

専門家集団REVIC

では、なぜREVICにそれができるのかと言うと、さまざまな分野の専門家が集まっているからです。

Knowhow

大事なのは目利き力

地域活性化、つまり事業者の成長や新陳代謝を促進させるためにまず必要なのは「事業性評価」
簡単に言うと「目利き」です。
専門家たちが事業者を適切に評価・分析することが、
個々の事業者にとって最適なソリューションを提供する第一歩となります。

Solution

資金&人材で多彩な支援

次に必要なのは事業性評価に基づく具体的な施策です。
資金、人材・・・事業者にとって必要なものは異なります。
具体的にREVICは、どんな支援をしているのでしょう?

成長支援では…
活性化
ファンド
業務

地域の経済成長を牽引する事業者等を支援するためのファンドを運営します。

詳細はこちらから

ファンド
出資業務
(特定組合出資)

地域経済活性化・事業再生を支援するファンドに出資します。

詳細はこちらから

再生支援では…
事業再生
支援業務

有用な経営資源を持つ事業者等の事業再生を支援します。

詳細はこちらから

特定信託
引受業務

非メイン金融機関の債権をREVICが預かり、メイン金融機関・事業者・REVICの三者で事業再生を推進します。

詳細はこちらから

事業再生
ファンド
業務

事業者等の再生を支援するためのファンドを運営します。

詳細はこちらから

事業再生
子会社
支援業務
(特定出資)

融資先の支援のために金融機関等が設立した子会社に出融資を行います。

詳細はこちらから

再チャレンジ支援では…
再チャレンジ
支援業務
(特定支援)

企業債務と経営者の保証債務の一体整理をはかり、経営者の再チャレンジを支援します。

詳細はこちらから

人材支援では…
特定専門家
派遣業務

金融機関等に専門知識と経験豊かな人材を派遣します。
上記の各支援等と併用して派遣することもできます。

詳細はこちらから

Where?

全国各地で豊富な実績

こうした支援をREVICは全国各地で実施し、実績はご覧のようになっています。

(2017年3月31日現在)

  業務 総計 内訳
成長支援 活性化ファンド業務
(ファンド組成・運営:組成件数/組成日基準)
(LP出資:契約件数/契約日基準)
31件 活性化ファンド組成・運営 31件
25件 LP出資 25件
  うちREVICがファンド運営に関与するもの 20件
再生支援 事業再生支援業務
(決定件数/決定日基準)
95件 公表案件 58件
非公表案件 37件
再生ファンド業務
(ファンド組成・運営:組成件数/組成日基準)
4件 再生ファンド組成・運営 4件
再チャレンジ
支援
特定支援業務
(決定件数/決定日基準)
45件 公表案件 0件
非公表案件 45件
人材支援 特定専門家派遣業務
(決定件数/決定日基準)
152件 地銀向け 66件
信金・信組向け 43件
その他 43件

※前身の企業再生支援機構の実績を含む。

Message

REVICの目的は、地域経済の活性化や中小企業者等の事業再生が
持続的に行われるようにしていく
こと。
そのため、地域活性化や再生ノウハウを蓄積し、
地域金融機関へそれらのノウハウを移転し浸透、定着させていきます。