ホーム > 業務紹介 > 活性化ファンドをお探しの方へ > 佐賀観光活性化投資事業有限責任組合第1号

佐賀観光活性化投資事業有限責任組合第1号

ファンドの概要

概要

本ファンドは、佐賀銀行を含めた佐賀県内に本店を有する全ての地域金融機関が、「観光を軸とした地域活性化」推進協定を締結し設立され、パイロット地域及び佐賀県全体における「観光まちづくりモデル」の実現に向けたリスクマネーの供給及び専門家によるハンズオン支援を行います。

最初のパイロット地域を有田町とし、有田地域と周辺連携も視野に入れた観光特性を最大限に生かした「観光まちづくりモデル」を実現することで成功要因を抽出しながら、地域の経済・雇用を支える観光産業の発展を図るべく、本モデルの佐賀県全体への展開を目指してまいります。

ファンド金額 5億円
設立日 2015年7月6日
組合員構成

株式会社佐賀銀行

株式会社佐賀共栄銀行

唐津信用金庫

佐賀信用金庫

伊万里信用金庫

九州ひぜん信用金庫

佐賀東信用組合

佐賀西信用組合

株式会社地域経済活性化支援機構

株式会社佐銀キャピタル&コンサルティング(GP)

REVICキャピタル株式会社(GP)

投資対象 佐賀県を中心とする地域において、観光産業の振興に資する事業活動を行う事業者。投資対象は「観光バリューチェーン」の考え方に沿って幅広に捉えており、飲食店や宿泊事業者、地域産品製造・販売業者等も想定。