ホーム > 業務紹介 > 活性化ファンドをお探しの方へ > 千葉・江戸優り佐原観光活性化投資事業有限責任組合

千葉・江戸まさり佐原観光活性化投資事業有限責任組合

※2019年4月25日 株式会社RD観光ソリューションズ持分を株式会社京葉キャピタル&コンサルティングに持分譲渡

ファンドの概要

概要

「香取神宮」に奉納されている国宝・重要文化財等の伝統的な指定文化財が多数存在する千葉県香取市は、1996年に佐原地区小野川沿いが「重要伝統的建造物群保存地区」に指定され、歴史的な町並みの保存や修復が進み、また、「佐原の大祭」の山車行事などが、ユネスコ無形文化遺産に提案されるなど、国内外から高い評価を得ている名所を有しています。

更に、市内の「水郷佐原水生植物園」等、魅力的な観光資源や多くの訪日外国人旅行者が利用する成田国際空港に近いという立地を活かすことで、国内外からの新たな観光客の誘致による消費拡大も有望視されています。

本ファンドは、香取市を中心とする千葉県の観光活性化の取組みを支援するため、事業者の成長に必要なリスクマネーを提供し、人材・経営面においても必要な支援・助言等を行うことで、「観光まちづくり」のモデルケースを構築することを目指しています。

ファンド金額 5億円
設立日 2015年9月30日
組合員構成
  • 株式会社京葉銀行
  • 佐原信用金庫
  • 株式会社地域経済活性化支援機構
  • 株式会社RD観光ソリューションズ(GP)※
  • →株式会社京葉キャピタル&コンサルティング(GP)
  • REVICキャピタル株式会社(GP)
投資対象 香取市を中心とする千葉県内の地域を対象に、町並み整備、観光コンテンツの開発、地域からの情報発信等、観光産業振興に資する事業活動を行う地域の中堅・中小等の事業者。具体的には、観光まちづくり会社、宿泊事業者、飲食事業者、物販事業者、交通事業者等。