ホーム > 業務紹介 > 活性化ファンドをお探しの方へ > 熊本地震事業再生支援投資事業有限責任組合

熊本地震事業再生支援投資事業有限責任組合

ファンドの概要

概要

平成28年熊本地震において被災された事業者の再生支援を目的とする事業再生支援ファンドを設立しました。

本ファンドは、震災により被災された、主として熊本県内に本店もしくは主要事業拠点を有する事業者に対し、いわゆる二重ローン問題への対応を含む過剰債務の解消、必要資金の提供や人的支援を行うことで、対象事業者の再生支援を円滑に実現することを目的としています。熊本県、熊本県内の地域金融機関及び中小企業再生支援協議会をはじめとした関係団体等と連携しながら、主として熊本県の被災された事業者の事業の継続や再開、再建等の支援に取り組んでまいります。

ファンド金額 49.6億円
設立日 2016年7月29日
組合員構成
  • 株式会社肥後銀行
  • 株式会社熊本銀行
  • 熊本第一信用金庫
  • 熊本中央信用金庫
  • 熊本信用金庫
  • 天草信用金庫
  • 熊本県信用組合
  • 熊本県信用保証協会
  • 独立行政法人中小企業基盤整備機構
  • 肥銀キャピタル株式会社(GP)
  • 株式会社熊本リバイタル(GP)
  • REVICキャピタル株式会社(GP)
投資対象 平成28年熊本地震の影響により被災された、主として熊本県内に本店もしくは主要事業拠点を有しており、過剰債務状態に陥っている事業者